もどるup  ヒライストライブラリーhome

「地球樹の女神」年表 1952年〜2013年

1952年(昭和27年)

1973年(昭和48年)
1975年(昭和50年)
1978年(昭和53年)

1985年(昭和60年)
1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)
1989年(昭和64年〜平成元年)
1990年(平成2年)
1991年(平成3年)
1992年(平成4年)
1993年(平成5年)

1995年(平成7年)

1997年(平成9年)
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
2000年(平成12年)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)

2006年(平成18年)
2013年(平成25年)

1952年(昭和27年)

処女長編「消えたX」執筆。「地球樹の女神 PART2 火の騎士」(徳間書店)収録の「書きたかった小説のこと」によると、次の通り。

齢十四歳、中学二年生にして、生まれて初めて小説を書いた。それが、この『地球樹の女神』の原型(プロトタイプ)である。『消えたX』という長編小説である。24行×24字で上下二冊の大学ノートをびっしりと埋めた。ノートは一冊あたり118ページだから、四百字詰めの原稿用紙に換算すると、340枚に達する。まさに堂々たる処女長編小説といえる。

up目次


1973年(昭和48年)

3月

浜本末造著「万世一系の原理と般若心経の謎」(霞ヶ関書房)発売。この本から玉置山を知る。

7月

エッセイ「“人類ダメ”小説」(噂7月号)掲載。処女長編について語る。

はじめてSFを書いたのは、二十一年前、新制中学の二年生のころだ。分厚いノート二冊にびっしり文字を埋め、四百字に換算して二百枚を超える堂々たる大作だった。内容は、地球を一発で恒星に変える超核爆弾を開発した科学者を入手した狂信的宗教団体が、全世界に改宗を迫り、震えあがらせるというアクションSFで、生物化学兵器まで登場し、アメリカ合州国が枯葉作戦で壊滅したり氷河期が襲来したり、スリル、サスペンス、恋愛、冒険たっぷりの代物で、同級生が競って愛読してくれた。

up目次


1975年(昭和50年)

12月

エッセイ「桝目の幻想」(小説推理12月号)掲載。処女長編について語る。

作家になろうと決心したのは中学二年のころ。おそらくわが最高傑作になるであろう二百枚を超えるSF超大作を書きあげてしまった。級友たちが競って愛読してくれるのに力を得、連載小説を書く気分を味わった。早く次を書けと催促されるのが嬉しくてならなかった。わが人生において至高至福の時だったようである。

up目次


1978年(昭和53年)

10月

エッセイ「タイム・トンネルを通って」(別冊新評「平井和正・豊田有恒集」)掲載。中学二年のときに書いた“ハルマゲドン・ストーリー”について語る。

美しいヒロインは私の愛する美少女であり、主人公の雄渾な少年は、ヒロイックに変形を遂げた私自身だ。そしてヒーローの私を補佐する、機略縦横のプロフェッショナル、人生経験を積んだ頼れる壮年男性は、いつの日にか私がなるべき未来の己れ自身だ。

up目次


1985年(昭和60年)

6月

「真幻魔大戦 15」(トクマノベルズ)のあとがきで、作家になったきっかけを語る。

子供の頃、私は作文が大嫌いでした。それ以前に文章を書くということ自体が心底嫌いでした。
どんでん返しが起こったのは、中学二年の時です。いきなり言霊が、もとい“言霊様”が来訪され、私は一気に二百枚に達するSFの大作を書き上げてしまったのです。これは「ハルマゲドン小説」と称するのに相応しいテーマを持った大作で、ひょっとすると平井和正の唯一の傑作であるかもしれません。誰も読む機会を永久に持たないので、幾らでも激賞することが出来ます。

up目次


1987年(昭和62年)

9月

「ウルフランド・レポート 42」(SFアドベンチャー11月号)の「今月の平井和正」「地球樹の女神」を予告する話を掲載。

執筆については言霊は来訪しているのだが、それは従来の『幻魔大戦』や『ウルフガイ』の言霊とは全く雰囲気の違う言霊だと言う。主人公自体はかなり乱暴者らしいが、総じて『幻魔大戦』や『ウルフガイ』とは異なりタッチが軽いという。『女神變生』にヒントがあるような話もチラリと出たが、それ以上のことは聞かせてもらえなかった。

11月

「月刊變生倶楽部 1」(SFアドベンチャー88年1月号)に、「地球樹の女神」の予告を掲載。

うなるワープロ…もう止められない! 小説界の帝王がその実力を見せつける 期待せよ! 自信作! 近日発刊か?! 次回速報を待て!

up目次


1988年(昭和63年)

1月

「月刊變生倶楽部 3」(SFアドベンチャー3月号)に、「地球樹の女神 1〜3」を双六化した、「山田与糸栄さん特製 読者に挑戦!『栄光のラスト・ハルマゲドン』双六」を掲載。

2月

「月刊變生倶楽部 4」(SFアドベンチャー4月号)の「言霊使い対談 1」で、“南極へ行く”と爆弾発言。

3月

「HIRAIST」(コトダマ社)発売。エッセイ“人類ダメ”小説」「桝目の幻想」「タイム・トンネルを通ってなども収録。なお、「HIRAIST」の改訂版は4月、同じく特別装幀版は6月に発行。

4月

「月刊變生倶楽部 6」(SFアドベンチャー6月号)の「言霊使い対談 3」の中で、「新作を語る」と題して「地球樹の女神」について発言。

今回の新作は、平井和正の初恋物語でもあるから、やっぱり、今の五十に近くなった作家の平井和正が、とっても甘酸っぱい気持ちで書ける小説なんだ。

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン 1 真昼の魔女」(野性時代6月号)発表。推定三八〇枚。イラストは山田章博。また、この号は「特集・平井和正 ラスト・ハルマゲドン―SOONER OR LATER」として、以下の記事を掲載。

6月

「地球樹の女神 1 真昼の魔女」(カドカワノベルズ)発売。イラストは山田章博。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。

7月

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン・ストーリー 2 鷹は自由に」(野性時代9月号)発表。推定三八〇枚。

9月

「地球樹の女神 2 鷹は自由に」(カドカワノベルズ)発売。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。

「フーズ・フー」(SFアドベンチャー11月号)に平井和正の近況を掲載。

春からの調子のあまり良くない状態は、依然として続いている。
年末から来春にかけて考えた南極旅行もとりやめた。

10月

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン・ストーリー 3 火の騎士」(野性時代12月号)発表。推定四三〇枚。

11月

「地球樹の女神 3 火の騎士」(カドカワノベルズ)発売。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。

up目次


1989年(昭和64年〜平成元年)

1月

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン・ストーリー 4 わが母の教えたまいし歌」(野性時代3月号)発表。推定四〇〇枚。

2月

「天命の人」(追悼特集 巨星逝く・さようなら手塚治虫さん)(SFアドベンチャー4月号)で「地球樹の女神」について発言。

現在執筆中の『地球樹の女神』は中学二年生の私が手がけた最初の大長編に基づくものであって、そのプロトタイプは手塚漫画にインスパイアーされ、人類破滅物語の巨大ロマンによって手塚漫画をなぞろうとする稚拙な試みだった。

4月

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン・ストーリー 5 聖母の宝石」(野性時代6月号)発表。推定四〇〇枚。

「地球樹の女神 4 わが母の教えたまいし歌」(カドカワノベルズ)発売。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。

6月

「地球樹の女神 5 聖母の宝石」(カドカワノベルズ)発売。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。

エッセイ「何も書けない」(88年4月13日付け)(光芒の宇宙創刊号)掲載。

今は、新作の『地球樹の女神』に夢中だ。他のことに費やす時間は一切ない。

7月

「地球樹の女神 ラスト・ハルマゲドン・ストーリー 6 亡き王女のためのパヴァーヌ」(野性時代9月号)発表。推定四八〇枚。この中にある「五百津御統玉」の語から、改竄が発覚。

8月

「地球樹の女神 6 亡き王女のためのパヴァーヌ」(カドカワノベルズ)発売。また、「作者のことば」をカバー裏に掲載。カドカワノベルズ版はこの巻が最終巻。

9月

エッセイ「大長老よりのメッセージ」(8月4日付け)(COSMOS9月号)を掲載。

『地球樹の女神』は10巻まで書いて、それで完結するかどうかは問わず、『狼のレクイエム第四部』を再開したいと意欲を覚えているところです。言霊様が来れば何でもよし、というわたしでも、やはり書きたいものはあるのです。

矢口卓「平井和正 地球樹の女神誕生秘話」(ベストセラー作家の研究 9)(DO BOOK10月号)掲載。なお、矢口卓は角川書店の編集者。

「次のシリーズは、貴社に差しあげましょう」 先生が、その仰有った時の情景は今でも克明に記憶しています。正確に記せば一九八八年の一月十八日、お邪魔した平井邸の応接室で、お茶をいただきながらの世間噺の、ちょっとした沈黙の後に、空白の時を埋めるかのように実にさりげなく、「野性時代」の次のシリーズを書きましょうと、お約束下さったのでした。

「フーズ・フー」(SFアドベンチャー12月号)に「地球樹の女神」改竄事件についての記事あり。

12月

「フーズ・フー」(SFアドベンチャー90年2月号)に「地球樹の女神」改竄事件についての記事あり。

up目次


1990年(平成2年)

1月

「フーズ・フー」(SFアドベンチャー3月号)に「地球樹の女神」改竄事件についての記事あり。

2月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第2部 狼の足跡」(SFアドベンチャー4月号)発表。五〇〇枚。イラストは山田章博。また、この号には「『地球樹の女神』再開の辞」が掲載されており、改竄事件についても簡潔に触れている。

作家の身にとっては、作品を創造する活動だけで手一杯であり、背骨がひしゃげるほどの苦労を味わっているのだが、そのためには編集部を初め多数の人々のサポートが必要にして不可欠である。信頼関係がなければ一日として作家のつとめを果たすことは不可能になる。その信頼関係が完璧に壊れた。つづめていえば、そういうことなのだ。

5月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第2部 狼の足跡」(SFアドベンチャー7月号)発表。四五〇枚。

「地球樹の女神 PART1 真昼の魔女・鷹は自由に」および「地球樹の女神 PART2 火の騎士」(徳間書店)を同時発売。イラストは山田章博。
PART1はエッセイ「タイム・トンネルを通って」「改竄二十周年――“言語取締官”との戦い」と、佐々木君紀による解説「ガイア目覚めるとき」を収録。なお、「改竄二十周年――“言語取締官”との戦い」の章題は次の通り。

PART2の「火の騎士」は、エッセイ「書きたかった小説のこと」と、「著作者人格権を著しく侵害する改竄リスト」「著作者人格権を侵害するその他の改竄リスト」を収録。

6月

「地球樹の女神 PART3 わが母の教えたまいし歌」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「書きたくない小説のことPART1」と、小説「書きたくない小説のこと PART2」を収録。単行本の巻末に、その作品のサイドストーリーを連載するのは前代未聞?

7月

「地球樹の女神 PART4 聖母の宝石」(徳間書店)発売。この巻からイラストは泉谷あゆみ。巻末にエッセイ「書きたくない小説のこと PART3」と、小説「書きたくない小説のこと PART4」を収録。

「HIRAIST」の増補・改題である「夜にかかる虹 上巻・下巻」(リム出版)発売。下巻収録の「山田章博画伯への二通の手紙」の中で、玉置山について触れる。

この月の中旬、玉置山へ初登頂。

8月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第3部 狼の足跡」(SFアドベンチャー10月号)発表。ただし「第3部」は「第2部」の誤りか。推定二五〇枚。また、この号からイラストは泉谷あゆみ。

「地球樹の女神 PART5 亡き王女のためのパヴァーヌ」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「読みたい小説のこと」と、小説「書きたくない小説のこと PART5」を収録。

9月

「地球樹の女神 PART6 狼の足跡」(徳間書店)発売。巻末に「第二部再開の辞」とエッセイ「読みたい小説のこと PART2」、小説「書きたくない小説のこと PART6」を収録。

11月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第2部 狼の足跡」(SFアドベンチャー91年1月号)発表。四五〇枚。

「地球樹の女神 PART7 影のない女」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「読みたい小説のこと PART3」と小説「書きたくない小説のこと PART7」を収録。

up目次


1991年(平成3年)

1月

正月、玉置山へ再度登頂。

2月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第2部 狼の足跡」(SFアドベンチャー4月号)発表。四五〇枚。

「地球樹の女神 PART8 死と乙女」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「神秘の霊山に登る」と小説「書きたくない小説のこと PART8」を収録。「神秘の霊山に登る」では玉置山について触れ、また、一年後には間違いなく「地球樹の女神」が完結すると約束する。

5月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第2部 狼の足跡」(SFアドベンチャー7月号)発表。四五〇枚。

「地球樹の女神 PART9 トワイライト・ゾーン」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「霊山の神隠し」と小説「書きたくない小説のこと PART9」を収録。

6月

「平井和正全集」(リム出版)刊行開始。全百巻の予定で、「地球樹の女神」は第81〜95巻に割り当てられていたが、のちに「平井和正全集」は刊行中断となり、結局「地球樹の女神」は全集には収録されなかった。

7月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第3部 イマジン」(SFアドベンチャー9月号)発表。四〇〇枚。

8月

「地球樹の女神 PART10 荒野の少年のバラード」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「霊山に呼ばれて」と小説「書きたくない小説のこと PART10」を収録。「霊山に呼ばれて」によると、千枝様は、二十歳の後藤久美子のイメージで書かれたという。

9月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第3部 イマジン」(SFアドベンチャー11月号)発表。三五〇枚。

10月

「地球樹の女神 PART11 イマジン」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「霊山に呼ばれてII」と小説「書きたくない小説のこと PART11」を収録。「霊山に呼ばれてII」には“熊野の申し子”成地氏が登場し、玉置山の真価を教えられたと語る。

『地球樹の女神』を私に書かせたのも、玉置山の“力”であることを私は知った。実に四十年近い過去、私が中学二年生だった頃、『地球樹の女神』の原型となった『消えたX』という処女長編小説を私に書かせたのも、玉置山の神霊の“力”だったのである。

11月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第3部 イマジン」(SFアドベンチャー92年1月号)発表。三〇〇枚。掲載される枚数は次第に減少。

12月

「地球樹の女神 PART12 本に挟んだ古い手紙」(徳間書店)発売。巻末にエッセイ「霊山に呼ばれてIII」と小説「書きたくない小説のこと PART12」を収録。

up目次


1992年(平成4年)

1月

「地球樹の女神 LAST HARMAGEDON STORY 第3部 イマジン」(SFアドベンチャー3月号)発表。ついに完結。三〇〇枚。「地球樹の女神」全体では推定六三七〇枚(ただし「書きたくない小説のこと」は除く)。

3月

「地球樹の女神 PART13 別れの「ファンシー」」(徳間書店)発売。カバーは龍敬子と泉谷あゆみ、イラストは泉谷あゆみ。巻末に小説「書きたくない小説のこと PART12」を収録。また、巻末にエッセイ「霊山に呼ばれて 最終回」を収録。

最終巻である。『未完の帝王』と呼ばれるほど、終わらない小説を書きつづけてきた私も、『地球樹の女神』では天佑神助を得て(大げさではなく真実)無事に完結に辿り着くことが出来た。こんな作家、他にいるだろうか。
映画とコミックのためのプロットを新たに起こし、『地球樹の女神』とは大幅に異なったものになったが、シナリオも私自身の手で完成させた。やはり言霊は、私の手を経ないと満足しなかったらしい。コミックはイラストレーターの泉谷あゆみが初めて手がける作品になる。映画は玉置山の大神霊が自ら監督する。

エッセイ「『8マン』の帰還と挨拶」(文芸春秋4月号)掲載。「8マン」映画化の話の最後に「地球樹の女神」の映画化について触れるが、「地球樹の女神」の映画化は実現しなかった。

『8マン』の後、映像化される『地球樹の女神』は熊野の玉置山を舞台にした作品であるが、奇しくも玉置山の神はエホバと伝えられている。古代イスラエル民族の族長と伝えられた神武天皇が、東征に先立ち熊野川を遡り、玉置山に登って祈った神こそ、エホバという。その族長が携えた古代イスラエルの神の秘宝、失われた『モーゼの聖櫃(アーク)』を巡る物語だ。すでにシナリオは私自身の手によって完成させた。

up目次


1993年(平成5年)

5月

コミック「クリスタル・チャイルド」(泉谷あゆみ画)(SFアドベンチャー増刊 犬神)発表。

10月

コミック「クリスタル・チャイルド 第2話」(泉谷あゆみ画)(TownMook 犬神 Vol.2)発表。

up目次


1995年(平成7年)

2月

コミック「クリスタル・チャイルド 上・下」(泉谷あゆみ画)(マンガボーイズコミックス スペシャル)発売。「SFアドベンチャー増刊 犬神」「TownMook 犬神 Vol.2」掲載分は「クリスタル・チャイルド 上」に収録され、「クリスタル・チャイルド 下」は書き下し。

up目次


1997年(平成9年)

4月

電子書籍「クリスタル・チャイルド “地球樹の女神”コア・ストーリー」を、アスキーのWebサイト「Moonlight Campus」 (http://www.ascii.co.jp/hirai/) から、公開期間を1ヶ月に限定して無料で公開。データはAcrobatで読めるPDF形式で、4月に公開されたのは次の各章。

なお、この小説は同名のコミック「クリスタル・チャイルド」とは内容が異なる。

5月

電子書籍「クリスタル・チャイルド “地球樹の女神”コア・ストーリー」を、先月に引き続きアスキーのWebサイトから期間限定で公開。

「地球樹の女神 1 真昼の魔女」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。このとき、目次のページに各作品についての説明を掲載。

『地球樹の女神』は、1988年6月〜'89年9月まで「野生時代(角川書店)」で、'90年4月〜'92年3月には「SFアドベンチャー(徳間書店)」で連載され、最終的に徳間書店より全13巻の単行本として刊行されました。本書はこの『地球樹の女神』をもとに著者の手により編集・再構成された“決定版”です。
また『クリスタル・チャイルド』は、『地球樹の女神』をもとに平井和正が新たに書き下ろしたオリジナル原作を泉谷あゆみが漫画化した作品で、'95年に「コミックギャラリー」より刊行されました。従ってこの両作品は、ストーリー的には全く違った内容となっています。
本書ではこの2つの『地球樹の女神』を並行して掲載していきます。

6月

電子書籍「クリスタル・チャイルド “地球樹の女神”コア・ストーリー」を、先月に引き続きアスキーのWebサイトから期間限定で公開。

7月

「地球樹の女神 2 鷹は自由に」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。

9月

「地球樹の女神 3 火の騎士」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。

11月

「地球樹の女神 4 わが母の教えたまいし歌」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。

up目次


1998年(平成10年)

2月

「地球樹の女神 5 聖母の宝石」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。

6月

「地球樹の女神 6 狼の足跡」(アスペクトノベルズ)発売。コミック「クリスタル・チャイルド」も収録。アスペクトノベルズ版はこの巻が最終巻。

up目次


1999年(平成11年)

5月

電子書籍「クリスタル・チャイルド 地球樹の女神コア・ストーリー」(ルナテックデジタルノベルズ)発売。データはT-Timeで読めるTTZ形式で、著者コメントが追加されている。

up目次


2000年(平成12年)

7月

電子書籍「クリスタル・チャイルド 地球樹の女神コア・ストーリー」(ルナテックデジタルノベルズ)発売。データはAcrobatで読めるPDF形式で、著者コメントはTTZ版と同様。

11月

電子書籍「地球樹の女神 1〜5」(ルナテックデジタルノベルズ)発売。データはTTZ形式およびPDF形式。各巻の構成はアスペクトノベルズ版に準拠。

up目次


2001年(平成13年)

6月

電子書籍「地球樹の女神 6」(e文庫)発売。データはTTZ形式およびPDF形式。

7月

電子書籍「地球樹の女神 7」(e文庫)発売。データはTTZ形式およびPDF形式。

11月

電子書籍「地球樹の女神 1〜7」「クリスタル・チャイルド 地球樹の女神コア・ストーリー」(e文庫)発売。データはT-Timeで読める.book形式。

up目次


2002年(平成14年)

12月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART1〜3」を、平井和正正式Webサイト「狼亭」 (http://www.saltish.com/) で読者を限定して公開。内容はコミック「クリスタル・チャイルド」の原作シナリオで、データはPDF形式。

up目次


2003年(平成15年)

1月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART4〜7」「狼亭」で読者を限定して公開。データはPDF形式。

2月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART1〜7」の公開方法を一般公開に変更。
電子書籍「クリスタル・チャイルド PART8」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

3月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART9」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

8月

平井和正正式Webサイト「狼亭」にある「マニアック画像掲示板」に、「地球樹の女神オリジン[消えたX]」として、「消えたX」のノートの画像とエッセイを掲載。

[消えたX]は漫画家を断念した中学二年に一挙に書き下ろした、と記憶している。表紙の英文タイトルが、手塚治虫漫画の影響を如実に表している。すごく高級で洒落ている、と中学二年の平井和正は感動したのである。タイトルが間違っているのはご愛嬌で、笑ってやってほしい。辞書を調べて苦吟したに相違ない。上下二巻であったことは私の記憶から去っていた。実家が取り壊された数年前に家人の手で送られた箱の中から、下巻は発見された。

10月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART10」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

11月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART11〜12」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

12月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART13〜17」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

up目次


2004年(平成16年)

1月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART18〜21」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

2月

電子書籍「クリスタル・チャイルド PART22」「狼亭」で公開。データはPDF形式。

12月

電子書籍「地球樹の女神 1〜14」「書きたかった小説と書きたくなかった小説のこと」「その日の午後、砲台山で」を収録したCD-ROM「地球樹の女神-完全版-」(e文庫)発売。データは.book形式およびPDF形式。

up目次


2006年(平成18年)

2月

auの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 1〜4」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF Plus形式。

3月

auの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 5〜9」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF Plus形式。

4月

auの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 10〜13」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF Plus形式。

5月

auの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 14」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF Plus形式。
電子書籍「地球樹の女神 1〜2」「その日の午後、砲台山で」(e文庫、PDAbook.jp)発売。データは.book、PDF、XMDF形式。このうち.bookとPDFは2004年12月にe文庫から発売された「地球樹の女神」「その日の午後、砲台山で」と同一。

6月

docomoの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 1〜2」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF形式。
電子書籍「地球樹の女神 3〜7」(e文庫、PDAbook.jp)発売。データは.book、PDF、XMDF形式。このうち.bookとPDFは2004年12月にe文庫から発売された「地球樹の女神」と同一。

7月

docomoの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 3〜6」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF形式。
電子書籍「地球樹の女神 8〜11」(e文庫、PDAbook.jp)発売。データは.book、PDF、XMDF形式。このうち.bookとPDFは2004年12月にe文庫から発売された「地球樹の女神」と同一。

8月

docomoの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 7〜11」「その日の午後、砲台山で」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF形式。
電子書籍「地球樹の女神 12〜14」(e文庫、PDAbook.jp)発売。データは.book、PDF、XMDF形式。このうち.bookとPDFは2004年12月にe文庫から発売された「地球樹の女神」と同一。

9月

docomoの携帯電話用の電子書籍「地球樹の女神 12〜14」(e文庫、モバイルブックジェーピー)発売。データはCompact XMDF形式。

up目次


2013年(平成25年)

4月

電子書籍「クリスタルチャイルド」(ルナテック)発売。データはKindle形式。

up目次


upもどる homeヒライストライブラリー

Last updated Jun. 4, 2013