up幻魔宇宙 homeヒライストライブラリー

永井泰宇・永井豪「超能力戦士ジェネス」

超能力戦士(サイコ・アーマー)ジェネスは、永井泰宇と永井豪による、コミックノベル(未完)。
この作品は、1979年に行なわれた平井和正・石森章太郎・永井豪の座談会がきっかけとなって生まれた。

平井 『幻魔大戦』のひとつのエピソードっていうふうに、このあいだふっと思ったんだけれども、たしかにそうなのかもしれない。だから『幻魔大戦』は、さっき冗談ごとのようにいったけど、公開自由の原則というか、書きたい人にはだれにでも書かせるというふうにやるべきなのかもしれない。
永井 ラブクラフトの「クトゥルー神話」ですね。
平井 書きたい人がいるんだったら、ほんとに書いてもらおうか。
永井 あ、一番乗りさせてください(笑い)。

(平井和正, 石森章太郎, 永井豪. ビッグ3座談会 GENMA-WARSはまだ終わらない いや、いまこそ戦いの火ぶたは切って落とされるのだ。. リュウ. 徳間書店, 1979.9.20, Vol.2(アニメージュ増刊), p.108-121. より)

その後、「SFアドベンチャー」1982年12月号に「堂々の迫力“平井幻魔”に挑む長篇SFコミック「超幻魔大戦」(仮題)連載開始!」という次号予告(p.330)が出た。
ところが、「SFアドベンチャー」1983年1月号の編集日誌(p.330)に、「〈お断り〉先月号で予告しました永井豪氏の長篇SFコミックは、永井氏が事故で入院中のため、しばらく開始が遅れます。」という告知が出て、掲載が延期になった。

そして、1983年10月のSFアドベンチャー増刊『平井和正の幻魔宇宙 2』に、「超能力戦士ジェネス」という題で掲載された。そのときには「真幻魔大戦に触発され永井豪が生み出した驚異の世界」とあった。続いて「SFアドベンチャー」の1984年2月号から5月号まで掲載された後、中断となった。
中断の理由は明らかではないが、平井和正の執筆活動が幻魔からウルフガイに切り替わり、それに伴いSFアドベンチャーの方針が変った(「SFアドベンチャー」1984年5月号の次号予告(p.266)には「超能力戦士ジェネス」がなく、次の6月号から「ウルフランド・レポート」が連載開始)ことが影響しているのではないかと思われる。


超能力戦士(サイコ・アーマー)ジェネス】 永井泰宇文, 永井豪画

プロローグ 異魔《ドライD》
〔初出〕
『平井和正の幻魔宇宙 2』徳間書店 1983.10(SFアドベンチャー 増刊) p.16-23
※単行本未収録
第一章 異魔(いま)の封印
〔初出〕
『平井和正の幻魔宇宙 2』徳間書店 1983.10(SFアドベンチャー 増刊) p.24-31 ※掲載時の章題「異魔の封印 1-3」
「SFアドベンチャー」徳間書店 1984.2(6巻2号=通巻51号) p.235-250 ※掲載時の章題「異魔の封印 4-7」
「SFアドベンチャー」徳間書店 1984.3(6巻3号=通巻52号) p.107-122 ※掲載時の章題「異魔の封印 8-9」
「SFアドベンチャー」徳間書店 1984.4(6巻4号=通巻53号) p.109-112 ※掲載時の章題「異魔の封印 10」
※単行本未収録
第二章 ドライD
〔初出〕
「SFアドベンチャー」徳間書店 1984.4(6巻4号=通巻53号) p.113-124 ※掲載時の章題「ドライD 1」
「SFアドベンチャー」徳間書店 1984.5(6巻5号=通巻54号) p.155-170 ※掲載時の章題「ドライD 2」
※単行本未収録

先頭


up幻魔宇宙 homeヒライストライブラリー