[歴史] [ウルフガイ系] [幻魔大戦系] 総合 upインデックス

[ファンクラブ名索引] [会誌名索引]


総合ファンクラブ


光芒の宇宙 創刊号 COSMOS 創刊号
★CRA(CREATERS ASSOCIATION)(1987-1990)
会誌:「光芒の宇宙」創刊号(1989.6)
「COSMOS」創刊準備号, 1(1987.3)-38(1990.6), 号外(1990.7-12)

 「幻魔大戦を中心とした平井和正総合ファンクラブ」と銘打って、真メリークリスマス会を母体として、1987年4月に発足。会員番号は74番(1989.12)までたっした。

 例会は毎月、東京および名古屋で開催。また、1990年3月には全国大会が開催され、その際には平井和正や佐々木君紀、泉谷あゆみ、リム出版の編集長等を招待している。

幻魔大編

 会誌では、毎回平井作品の特集が組まれ、ハードカバー版『幻魔大戦』『ハルマゲドン』『地球樹の女神』リム出版の『8マン』等、そのとき発行されていた平井作品の話題でもりあがることがおおかった。また、平井和正関係の情報も随時掲載され、とくにCRA内に設立された「プロジェクト・H」からは、幻魔大戦の資料集『幻魔大編』が刊行されている。

 なお、会誌には平井和正および佐々木君紀からの寄稿も数回あったが、概して会にたいしてきびしい内容のものであった。

 また、会誌上のガチャ文の問題はあいかわらず存在していたが、1990年3月の全国大会の際、問題点が一気に噴出してハルマゲドンをむかえ、1990年6月をもって休会にいたる。

up目次
フィロデンドロン教授の憂鬱 1 Artemis 創刊号
★はるまげ団(1987-1992)
会誌:「Artemis」創刊準備記念特大号, 創刊お詫び号, 創刊号(1987.9), 号外(1987.12)
「フィロデンドロン教授の憂鬱」1(1988.7)-7(1991.12)

 平井和正総合ファンクラブとして発足し、数名の会員でスタートする。会誌「Artemis」を何号か発行するが、活気はなく、約半年で中断する。ファンクラブとしては事実上の解散を迎えるが、『地球樹の女神』の発表を期に、「SFアドベンチャー」誌上に原稿募集を行い、『地球樹の女神』専門誌「フィロデンドロン教授の憂鬱」を発行する。

 「フィロデンドロン教授の憂鬱」は、『地球樹の女神』の完結まで続けられ、また、掲載誌が「野性時代」から「SFアドベンチャー」に移ったことも幸いし、延べ購読者数は100名を超えた。原稿用紙60枚に及ぶ大作も投稿され、手直しの上『平井和正全集 46』の巻末に掲載された。

up目次
[歴史] [ウルフガイ系] [幻魔大戦系] 総合 upインデックス ヒライストライブラリー

[ファンクラブ名索引] [会誌名索引]

Last updated May 28, 2000