[歴史] ウルフガイ系 [幻魔大戦系] [総合] upインデックス

[ファンクラブ名索引] [会誌名索引]


ウルフガイ系ファンクラブ


ウルフ 2/3号 ウルフ 創刊号
★ウルフ会(1974-1976)
会誌:「ウルフ」テスト版(1974), 創刊号(1975.2), 2・3号(1975.11)

 記念すべき平井和正公認のファンクラブ第1号。この会の経過については、『狼より若き友への手紙』『ウルフレター』、あるいは別冊新評「平井和正・豊田有恒集」に掲載された風見潤のエッセイなどにしるされている。

 それによると、1973年の秋にファンクラブ設立の話がもちあがり、1974年の5月頃に「ウルフ」テスト版が発行されたようである。そして、会誌「ウルフ」は、平井和正や荒巻義雄、實吉達郎らによるエッセイや、小説『新・幻魔大戦』が連載されるといった豪華なものであった。

 その後、会自体は会員の増大により事務がパンクし、「狼道主義」という当初の趣旨をはずれていったこともあって、1976年解散した。なお、その名称は1984年に発足したウルフ会にひきつがれた。

up目次
★関西大学ウルフ会(1974?)
会誌:不明

 『狼より若き友への手紙』『ウルフレター』によると、1974年の誕生日に平井和正へ祝電をおくっているが、活動等の詳細は不明。

up目次
狼火 24号 狼火 創刊号
★ウルフ会(1984-1986)
会誌:「狼火」創刊準備号, 1(1984.5)-24(1986.10), 後始末号(1987.10)

 1984年春、「ウルフガイ・プロジェクト」がはじまった。このプロジェクトは、ウルフガイの言霊帰還を祝して、平井和正の全面的バックアップのもとで企画されたのだが、その活動の一環として、「ウルフ会」が設立された。この会は、「SFアドベンチャー」誌上の「黄金の少女」「ウルフランド・レポート」の連載もあって、あっというまに巨大ファンクラブに成長、1984年8月の時点で会員数211名となり、最終的には会員数が1000名をこえたという。

 会の特徴としては、まず、活動期間を2年間とくぎった点が第一にあげられる。また、いろいろなプロジェクトをたちあげて活力をくみだすとか、会員をボランティア、メンバーズ、フレンズとわけ、さらに得点制を導入して活動を促進するなど、他に見られないものがあった。また、出版活動としては、平井和正のノンSF作品集『虎はねむらない』や實吉達郎の『人間と狼』が出版された。

 例会は、北海道、東京、神奈川、名古屋、大阪、四国、北九州など各地でおこなわれたが、特に支部ができたところでは活発な活動がおこなわれ、あちこちで独自の支部会誌が発行された。また、コミックやイラストを中心とした個人誌も多数作成された。

 会誌「狼火」は、ウルフガイにかんする記事はもとより、各種プロジェクトの報告から、平井和正の昔の小説を再録するなど、盛りだくさんの内容であった。特筆すべきは、4号に掲載された平井和正の「“ガチャ文”考」『ウルフの神話』に再録)により、会誌からガチャ文が一掃されたことであろう。

 しかし、時がたつにつれ、会誌も例会もマンネリ化してウルフガイへの関心は消えうせ、リアル犬神明の登場さえも、会におおきな衝撃はもたらさなかった。「狼火」21号に平井和正の「大長老からのメッセージ」『HIRAIST』および『夜にかかる虹 下』に収録)が発表され、そうした状況に警鐘が鳴らされたが、会を根本的に建て直すまでにはいたらず、1986年11月に箱根でおこなわれた全国大会をもって、ウルフ会は解散した。

 なお、この会に関する平井和正の文章は、『ウルフの神話』『HIRAIST』『夜にかかる虹 下』などに収録されている。また、ウルフガイ・プロジェクトについては、SFアドベンチャー増刊「幻魔宇宙 3」、「幻魔宇宙 4」、「ウルフランド」や、「SFアドベンチャー」に1984年6月から1987年12月まで連載された「ウルフランド・レポート」にくわしい。

up目次
神虎部隊 1
★神虎(じんとら)部隊(1985-1986)
会誌:「神虎部隊」1(1985.2?)-7(1986.1)

 ウルフガイ中心のファンクラブで、会員数は不明だが10名程度とおもわれる。会誌はエッセイ、小説、ポエムが中心で、かわったところではウルフ会やGLAについての記事も掲載された。

 なお、会誌のNo.1に平井和正からの手紙が掲載され、また、No.4-7に、佐々木君紀が星野隆のペンネームで小説「光の戦士」を連載していたのは、特筆に値する。

up目次
狼夢 1
★新紀狼(しんきろう)(1986-1989)
会誌:「狼夢」1(1987.6)-4(1988.12?)
「ルナティック」創刊準備号, 1(1987.1)-26(1989.4)

 「ウルフ会」の解散にともない、「ウルフ会中部支部」のメンバーを中心として発足したファンクラブ。会員数は20名ほど。

 メンバーが近隣の人に限られていることもあって、例会は毎月開催され、その結果は機関誌の「ルナティック」に報告されている(26号までは確認)。また、会誌「狼夢」は4号まで確認したが、研究発表や小説、エッセイ、マンガ、イラスト等がふくまれている。

up目次
好好虎娘 創刊号
★虎4(フースー)愛好会(1987)
会誌:「好好虎娘」創刊号(1987.2)-5(1987.12?)

 ウルフガイのキャラクターである虎4を中心としたファンクラブで、会員は一般会員を「虎部隊」、購読会員を「猫部隊」と称し、隊員数は8名(1987.8)。

 会誌(“ハオハオ フーニャン”とよむ)には、ウルフガイの作品別特集やキャラクター別の特集、アンケートなどが掲載された。会誌は5号まで確認したが、その後は不明で、おそらく休刊になったものとおもわれる。

up目次
★ウルウルくらぶ(1988?)
会誌:「ウルウルめーる」

 ウルフガイのキャラクター犬神明を中心としたファンクラブ。
 会誌は月一回発行というが、詳細は不明。

up目次
[歴史] ウルフガイ系 [幻魔大戦系] [総合] upインデックス ヒライストライブラリー

[ファンクラブ名索引] [会誌名索引]

Last updated May 28, 2000