ヒライストライブラリー
[平井和正著作目録] [概要・凡例] [サイトマップ]
[作品目録] [単行本目録] [電子図書目録] [掲載雑誌目録] [AV資料目録] [Webサイト目録]
[五十音総索引] [年代別索引] [シリーズ別索引] [出版者別索引]

【は】←
→【ふ】 ↑総目次 △インデックス

平井和正単行本目録(小説・エッセイ) 【ひ】

【ひ】

美女の青い影 平井和正著
東京 毎日新聞社 1970.5.20
164p 22cm (毎日新聞SFシリーズジュニアー版 No.8)
装幀・デザイン:松江寛之 イラスト:早川博唯
内容:美女の青い影
赤ん暴君
500円
美女の青い影 平井和正著
東京 角川書店 1976.11.10
190p 15cm (角川文庫 3780 緑383-11)
カバー・挿画:生頼範義
内容:美女の青い影
赤ん暴君
人の心はタイムマシン
月の恋
消去命令
その名はタミー
あとがき
180円
平井和正全集 1
東京 リム出版 1991.7.25
359p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(19p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 4 スペードとクリスタルの夜 殺し屋の夜 平井和正著
1 悪夢のかたち 平井和正著
内容:レオノーラ
ロボットは泣かない
革命のとき
虎は目覚める
百万の冬百万の夢
悪夢のかたち
殺人地帯
死を蒔く女
人狩り
全集巻末企画 平井和正自作を語る 「絶望の果てから女神をみつけるための旅へ」
作品リスト PART1.
ISBN4-87120-138-4
1262円
平井和正全集 2
東京 リム出版 1991.10.25
363p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(17p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 3 平井和正著
2 虎は暗闇より 平井和正著
内容:次元モンタージュ
殺す男
世界の滅びる夜
サイボーグお鷹
次元を駈ける恋
背後の虎
終りなき午後
東京が大変だよ
宇宙の遭難
虎は暗闇より
花の行方
全集巻末企画 平井和正「小説」を語る 「人の心を危険なほど揺り動かす力」
作品リスト PART2.
ISBN4-87120-145-7
1262円

↑【ひ】の先頭

平井和正全集 3
東京 リム出版 1991.11.25
319p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:亜衣葉子
付属資料(13p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 5 平井和正著
3 悪徳学園 平井和正著
内容:悪徳学園
星新一の内的宇宙(インナー・スペース)
転生
エスパーお蘭
親殺し
全集巻末企画 平井和正自作を語る 「“まるごとの人間性”への認識」
中・短編作品リスト PART1.
ISBN4-87120-147-3
1262円
平井和正全集 6
東京 リム出版 1991.8.25
408p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(15p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 6 夜の終り 平井和正著
6 メガロポリスの虎 平井和正著
内容:メガロポリスの虎
全集巻末企画 平井和正自作を語る 「このテーマはずっと再挑戦したいと思っていた」
平井和正年譜
ISBN4-87120-140-6
1262円
平井和正全集 9
東京 リム出版 1991.9.25
383p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:亜衣葉子
付属資料(11p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 1 平井和正著
9 サイボーグ・ブルース 平井和正著
内容:第1章 ブラック・モンスター
第2章 サイボーグ・ブルース
暗闇への間奏曲
第3章 ダーク・パワー
第4章 シンジケート・マン
第5章 ゴースト・イメージ
全集巻末企画 平井和正自作を語る 「機械の棺桶に閉じ込められて」
「サイボーグ・ブルース」と「エイトマン」 宮崎満教著.
ISBN4-87120-143-0
1262円
平井和正全集 10
東京 リム出版 1991.6.25
295p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(19p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 1 スペードの夜 平井和正著
10 死霊狩り(ゾンビーハンター) 1 平井和正著
内容:第1章 選別
第2章 生存試験
第3章 最終試験
第4章 死霊
第5章 死闘
全集巻末企画 1 著者を最も理解している評論家による解説 本多雅之著.
あとがきをちょっぴり
平井和正全作品年表 1.
ISBN4-87120-135-X
1262円
平井和正全集 11
東京 リム出版 1991.6.25
293p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(13p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 2 クリスタルの夜 平井和正著
11 死霊狩り(ゾンビーハンター) 2 平井和正著
内容:第1章 凶殺
第2章 疑惑
第3章 接近
第4章 死霊の家
全集巻末企画 2 平井和正自作「死霊狩り」を語る 1
平井和正全作品年表 2.
ISBN4-87120-136-8
1262円

↑【ひ】の先頭

平井和正全集 12
東京 リム出版 1991.6.25
261p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:西本太郎
付属資料(15p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 3 クリスタルとスペードの夜 平井和正著
12 死霊狩り(ゾンビーハンター) 3 平井和正著
内容:第1章 冷血
第2章 死霊の島
第3章 再会
全集巻末企画 3 平井和正自作「死霊狩り」を語る 2
平井和正全作品年表 3.
ISBN4-87120-137-6
1262円
平井和正全集 37
東京 リム出版 1991.7.25
403,xixp 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(15p 17cm):夜に憑かれて 平井和正全集特別企画未発表ハードボイルド作品 5 再びスペードだけの夜 夜に追われて 平井和正著
37 新幻魔大戦 平井和正著
内容:第1章 エド一九九九年
第2章 ミュータントお時
第3章 超能力者の血
第4章 魔人・正雪
全集巻末企画 平井和正「幻魔」を語る PART1 「人間の現実主義では想像もつかない大きな力」
幻魔大戦用語事典 新幻魔大戦版.
ISBN4-87120-139-2
1262円
平井和正全集 38
東京 リム出版 1991.8.25
261p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(11p 17cm):アンドロイド 平井和正全集特別企画単行本未収録SF短篇 平井和正著
38 幻魔大戦 1 幻魔宇宙 平井和正著
内容:幻魔大戦 1 幻魔宇宙
全集巻末企画 平井和正「幻魔」を語る PART2 「人間を超える崇高なもの」
幻魔大戦関連年表.
ISBN4-87120-141-4
1262円
平井和正全集 39
東京 リム出版 1991.9.25
268p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(13p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 2 平井和正著
39 幻魔大戦 2 超戦士 平井和正著
内容:幻魔大戦 2 超戦士
全集巻末企画 平井和正「幻魔」を語る PART3 「“霊的な時代”の危険性」
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART1.
ISBN4-87120-142-2
1262円
平井和正全集 40
東京 リム出版 1991.10.25
323p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(21p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 4 平井和正著
40 幻魔大戦 3 最初の戦闘 平井和正著
内容:幻魔大戦 3 最初の戦闘
全集巻末企画 平井和正「幻魔」を語る PART4 「若き天才たちの輩出する世」
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART2.
ISBN4-87120-144-9
1262円

↑【ひ】の先頭

平井和正全集 41
東京 リム出版 1991.11.25
292p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(13p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 6 平井和正著
41 幻魔大戦 4 救世主への道 平井和正著
内容:幻魔大戦 4 救世主への道
全集巻末企画 平井和正「幻魔」を語る PART5 「審神者(さにわ)の視点」
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART3.
ISBN4-87120-146-5
1262円
平井和正全集 42
東京 リム出版 1991.12.25
268p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(15p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 7 平井和正著
42 幻魔大戦 5 巡り逢い 平井和正著
内容:幻魔大戦 5 巡り逢い
全集巻末新企画 平井和正『幻魔』を考える PART1 救世主はどこにいる
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART4.
ISBN4-87120-148-1
1262円
平井和正全集 43
東京 リム出版 1992.1.25
268p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(23p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 8 平井和正著
43 幻魔大戦 6 悪霊教団 平井和正著
内容:幻魔大戦 6 悪霊教団
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART2 盲信・狂信の甘美な罠
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART5.
ISBN4-87120-149-X
1262円
平井和正全集 44
東京 リム出版 1992.2.25
306p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(19p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 9 平井和正著
44 幻魔大戦 7 浄化の時代 平井和正著
内容:幻魔大戦 7 浄化の時代
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART3 人の道、神の道
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART6.
ISBN4-87120-152-X
1262円
平井和正全集 45
東京 リム出版 1992.3.25
298p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(21p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 10 平井和正著
45 幻魔大戦 8 集結の時 平井和正著
内容:幻魔大戦 8 集結の時
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART4 大怪魚の腹の中で―宗教はチョウチンアンコウだ
幻魔大戦用語事典 幻魔大戦・ハルマゲドン版 PART7.
ISBN4-87120-153-8
1262円

↑【ひ】の先頭

平井和正全集 46
東京 リム出版 1992.4.25
328p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(21p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 11 平井和正著
46 幻魔大戦 9 青い暗黒 平井和正著
内容:幻魔大戦 9 青い暗黒
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART5 個人的な体験
解説 蘇える呪術王―破壊神の怒り処女神の恋 弘田幸治著.
ISBN4-87120-154-6
1262円
平井和正全集 47
東京 リム出版 1992.5.25
316p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(17p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 12 平井和正著
47 幻魔大戦 10 超能力戦争 平井和正著
内容:幻魔大戦 10 超能力戦争
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART6 霊能者に御用心
幻魔の標的 1 東丈著
ISBN4-87120-155-4
1262円
平井和正全集 48
東京 リム出版 1992.6.25
312p 20cm
発売:エーブイエス
装幀:田坂隆将 装画:泉谷あゆみ
付属資料(15p 17cm):悪夢を作る男 平井和正全集特別企画「メガロポリスの虎」原型未発表作品 13 平井和正著
48 幻魔大戦 11 闇の波動 平井和正著
内容:幻魔大戦 11 闇の波動
全集巻末特別企画 平井和正『幻魔』を考える PART7 霊能の落とし穴
幻魔の標的 2 東丈著
ISBN4-87120-156-2
1262円
平井和正ライブラリー
「幻魔大戦」参照
「ハルマゲドン」参照
HIRAIST 平井和正著 西部直樹編
東京 コトダマ社 1988.2.29
636p 図版24p 20cm (KOTODAMA BOOKS)
装丁:矢島高光
外箱は背が青色のものと白色のものの2種類あり
付属資料(録音カセット1巻):言霊使い(予約購入特典)
箱入り
内容:1938-1956 ジュブナイルの時代→高校まで.
1958-1962 中大ペンクラブの時代.
1961-1963 宇宙塵の時代.
1962-1963 日本マーチャンダイズの時代.
1963-1965 エイトマンの時代.
1963-1968 SF作家クラブの時代.
1969-1976 ウルフガイの時代(読者の時代).
1974-1976 (大峰山登山の時代)シェイプアップの時代.
1976-1978 GLAの時代(ミカエルの時代).
1979-1983 幻魔の時代.
1984- (女神の時代)帰ってきたウルフの時代.
1958-1962.
1963-1968.
1963-1965.
1967-1968.
1967-1971.
1968-1976.
1969-1973.
1984-.
エイトマンへの鎮魂歌 15円のヤキソバ
番組批評
『宇宙塵』への手紙
〈殺人地帯〉まえがき
ファイト! 8マン!
8マンは不老不死! 原作者だけが知っている8マンのひみつ
8マンものしり
エイトマン時代
エイトマンへの鎮魂歌
いかに他人を当てこするか SF的思考法
風の意志 SF的思考法
蝙蝠も鳥のうち? SF的思考法
SFマンガ SF的思考法
冷たく乾いた線 桑田まんがのスカイライン
桑田ロケット、超高空へ 「エリート」によせて
「未踏の高峰へ」 サイボーグ戦士たちに寄せて
ガキ大将ばんざい
人間の形をした狼 球太さんのこと
ランナップ 『白門文学』への手紙
新・SFアトランダム
『宇宙塵』への手紙 II
特別手記
『サイレント・スター』への手紙
S・S22号評 ミスターX達との座談会
梅谷桂三氏への公開私信
『猫のゆりかご』感想文コンテスト落選第一席 「一の日会のボス猿ども、特に伊藤典夫を告発する」
なぜ、新人SF作家は出ないのか?
不毛の風土にSFを スペースフォーカス復刊に寄せて
最初のあとがき
あとがき
コミック版「幻魔大戦」序文
力んだあとがき
―「狼男だよ」改竄事件 学研対狼男
立風書房社長への手紙
アッピール
ハヤカワ文庫版『狼男だよ』第二のあとがき
第一のあとがき
拙著『狼男だよ』に関する“もう一つの”反省文
過去の栄光
毒気こそ漫画の命
九蓮宝灯はゴメン
『ボーイズライフ』一〇〇〇字コント選評
高度に開発される未来車の姿
荒巻義雄氏への“勇ましい”手紙
『コブテン船長の冒険』解説
星さんへのファンレター
ホシヅルの誕生
信じられない、信じたくない 大伴昌司氏追悼特集より
ストイシズムの作家
殺し屋の思想 “あとがき作家への第一歩を踏み出した”あとがき
このあとがきをわが愛する立読み読者に献げる
さらば「スパイダーマン」 1
さらば「スパイダーマン」 2 暗い轟き
さらば「スパイダーマン」 3 子どもだましはご免だ
ウルフガイ再び
怪談風“ウルフガイ”
タイプと私
桝目の幻想
わが憎しみのコカ・コーラ
殺し屋の思想
“人類ダメ”小説
狼のレクイエム まえがき
ウルフガイ退場の弁
拝啓、フィリップ・マーロウ様
「骨肉の掟」解説
愛読者(アディクト)総代の辞
生頼さん以外の犬神明など考えられない
天使ががり 「狼通信」打切りのお知らせ
幻魔大戦縁起
天使がかり
私が、ただ一人の師と仰ぐ人
デビルマンについて 永井豪の黙示録
狼男 まえがき&自作解説
あの世麻雀
私と『愛妻』との深い関係
タイム・トンネルを通って
「憎しみの罠」について
「幻魔の時代」
高橋佳子さんへの手紙
野性時代 INTRODUCTION & QUESTION から
ウルフの女神様・留美子さんのこと
泉谷あゆみ・この空恐ろしい才能
ウルフガイ英訳講座
秘めたるマルチタレント・鈴宮和由
タイタニック号の遭難 高橋留美子さんへの手紙
神懸かりメモランダム
いしいのぶよし君への手紙
平井和正からの挨拶状
『WOLF CREST』に関するコメント
『虎はねむらない』刊行に際して
映画『ゴジラ』へのコメント
映画『めぞん一刻』へのコメント
ある女性アマチュア作家への手紙
角川春樹社長への直訴状
高橋佳子さんへの手紙
無署名の読者からの手紙 1.
無署名の読者からの手紙 2.
対談・後記
森優氏への3通の手紙
犬神少女からの手紙 1.
真八犬伝が動きだした! 「犬神少女」登場!―リアル“犬神明”その後―
犬神少女からの手紙 2.
ナカネチホさんへの手紙
『アクト』村石氏への手紙
キモトカツミさんへの手紙
大長老からのメッセージ
終わりの始まり、始まりの終わり
言霊使いをめざす人々に
タイタニック号の遭難
ひらやま・ひろゆき氏への手紙
破天荒な年
メッセンジャー・イン・ハルマゲドン
私信I
私信II
私信III
心に深くふれる小説
作家と交際する
最良の読者
『悪霊使い』
著者ひとことコメント
平井和正の軌跡 佐々木君紀著.
作品リスト.
作品年表.
3000円
HIRAIST 平井和正著 西部直樹編 改訂版
東京 コトダマ社 1988.4.9
636p 図版24p 20cm (KOTODAMA BOOKS)
装丁:矢島高光
箱入り
内容:1938-1956 ジュブナイルの時代→高校まで.
1958-1962 中大ペンクラブの時代.
1961-1963 宇宙塵の時代.
1962-1963 日本マーチャンダイズの時代.
1963-1965 エイトマンの時代.
1963-1968 SF作家クラブの時代.
1969-1976 ウルフガイの時代(読者の時代).
1974-1976 (大峰山登山の時代)シェイプアップの時代.
1976-1978 GLAの時代(ミカエルの時代).
1979-1983 幻魔の時代.
1984- (女神の時代)帰ってきたウルフの時代.
1958-1962.
1963-1968.
1963-1965.
1967-1968.
1967-1971.
1968-1976.
1969-1973.
1984-.
エイトマンへの鎮魂歌 15円のヤキソバ
番組批評
『宇宙塵』への手紙
〈殺人地帯〉まえがき
ファイト! 8マン!
8マンは不老不死! 原作者だけが知っている8マンのひみつ
8マンものしり
エイトマン時代
エイトマンへの鎮魂歌
いかに他人を当てこするか SF的思考法
風の意志 SF的思考法
蝙蝠も鳥のうち? SF的思考法
SFマンガ SF的思考法
冷たく乾いた線 桑田まんがのスカイライン
桑田ロケット、超高空へ 「エリート」によせて
「未踏の高峰へ」 サイボーグ戦士たちに寄せて
ガキ大将ばんざい
人間の形をした狼 球太さんのこと
ランナップ 『白門文学』への手紙
新・SFアトランダム
『宇宙塵』への手紙 II
特別手記
『サイレント・スター』への手紙
S・S22号評 ミスターX達との座談会
梅谷桂三氏への公開私信
『猫のゆりかご』感想文コンテスト落選第一席 「一の日会のボス猿ども、特に伊藤典夫を告発する」
なぜ、新人SF作家は出ないのか?
不毛の風土にSFを スペースフォーカス復刊に寄せて
最初のあとがき
あとがき
コミック版「幻魔大戦」序文
力んだあとがき
―「狼男だよ」改竄事件 学研対狼男
立風書房社長への手紙
アッピール
ハヤカワ文庫版『狼男だよ』第二のあとがき
第一のあとがき
拙著『狼男だよ』に関する“もう一つの”反省文
過去の栄光
毒気こそ漫画の命
九蓮宝灯はゴメン
『ボーイズライフ』一〇〇〇字コント選評
高度に開発される未来車の姿
荒巻義雄氏への“勇ましい”手紙
『コブテン船長の冒険』解説
星さんへのファンレター
ホシヅルの誕生
信じられない、信じたくない 大伴昌司氏追悼特集より
ストイシズムの作家
殺し屋の思想 “あとがき作家への第一歩を踏み出した”あとがき
このあとがきをわが愛する立読み読者に献げる
さらば「スパイダーマン」 1
さらば「スパイダーマン」 2 暗い轟き
さらば「スパイダーマン」 3 子どもだましはご免だ
ウルフガイ再び
怪談風“ウルフガイ”
タイプと私
桝目の幻想
わが憎しみのコカ・コーラ
殺し屋の思想
“人類ダメ”小説
狼のレクイエム まえがき
ウルフガイ退場の弁
拝啓、フィリップ・マーロウ様
「骨肉の掟」解説
愛読者(アディクト)総代の辞
生頼さん以外の犬神明など考えられない
天使ががり 「狼通信」打切りのお知らせ
幻魔大戦縁起
天使がかり
私が、ただ一人の師と仰ぐ人
デビルマンについて 永井豪の黙示録
狼男 まえがき&自作解説
あの世麻雀
私と『愛妻』との深い関係
タイム・トンネルを通って
「憎しみの罠」について
「幻魔の時代」
高橋佳子さんへの手紙
野性時代 INTRODUCTION & QUESTION から
ウルフの女神様・留美子さんのこと
泉谷あゆみ・この空恐ろしい才能
ウルフガイ英訳講座
秘めたるマルチタレント・鈴宮和由
タイタニック号の遭難 高橋留美子さんへの手紙
神懸かりメモランダム
いしいのぶよし君への手紙
平井和正からの挨拶状
『WOLF CREST』に関するコメント
『虎はねむらない』刊行に際して
映画『ゴジラ』へのコメント
映画『めぞん一刻』へのコメント
ある女性アマチュア作家への手紙
角川春樹社長への直訴状
高橋佳子さんへの手紙
無署名の読者からの手紙 1.
無署名の読者からの手紙 2.
対談・後記
森優氏への3通の手紙
犬神少女からの手紙 1.
真八犬伝が動きだした! 「犬神少女」登場!―リアル“犬神明”その後―
犬神少女からの手紙 2.
ナカネチホさんへの手紙
『アクト』村石氏への手紙
キモトカツミさんへの手紙
大長老からのメッセージ
終わりの始まり、始まりの終わり
言霊使いをめざす人々に
タイタニック号の遭難
ひらやま・ひろゆき氏への手紙
破天荒な年
メッセンジャー・イン・ハルマゲドン
私信I
私信II
私信III
心に深くふれる小説
作家と交際する
最良の読者
『悪霊使い』
著者ひとことコメント
平井和正の軌跡 佐々木君紀著.
作品リスト.
作品年表.
3000円

↑【ひ】の先頭

HIRAIST 平井和正著
東京 コトダマ社 1988.6
636p 図版28p 20cm
装丁:伊藤徹,中藤俊夫 装画:石川球太
限定20部
はり込み図1枚
付属資料(30×42cm):わが友“デューク”の肖像 石川球太画
付属資料(2枚 21×30cm):「狼の紋章」複製原稿、「幻魔大戦」複製原稿
箱入り
内容:著者近影.
1938-1956 ジュブナイルの時代→高校まで.
1958-1962 中大ペンクラブの時代.
1961-1963 宇宙塵の時代.
1962-1963 日本マーチャンダイズの時代.
1963-1965 エイトマンの時代.
1963-1968 SF作家クラブの時代.
1969-1976 ウルフガイの時代(読者の時代).
1974-1976 (大峰山登山の時代)シェイプアップの時代.
1976-1978 GLAの時代(ミカエルの時代).
1979-1983 幻魔の時代.
1984- (女神の時代)帰ってきたウルフの時代.
1958-1962.
1963-1968.
1963-1965.
1967-1968.
1967-1971.
1968-1976.
1969-1973.
1984-.
エイトマンへの鎮魂歌 15円のヤキソバ
番組批評
『宇宙塵』への手紙
〈殺人地帯〉まえがき
ファイト! 8マン!
8マンは不老不死! 原作者だけが知っている8マンのひみつ
8マンものしり
エイトマン時代
エイトマンへの鎮魂歌
いかに他人を当てこするか SF的思考法
風の意志 SF的思考法
蝙蝠も鳥のうち? SF的思考法
SFマンガ SF的思考法
冷たく乾いた線 桑田まんがのスカイライン
桑田ロケット、超高空へ 「エリート」によせて
「未踏の高峰へ」 サイボーグ戦士たちに寄せて
ガキ大将ばんざい
人間の形をした狼 球太さんのこと
ランナップ 『白門文学』への手紙
新・SFアトランダム
『宇宙塵』への手紙 II
特別手記
『サイレント・スター』への手紙
S・S22号評 ミスターX達との座談会
梅谷桂三氏への公開私信
『猫のゆりかご』感想文コンテスト落選第一席 「一の日会のボス猿ども、特に伊藤典夫を告発する」
なぜ、新人SF作家は出ないのか?
不毛の風土にSFを スペースフォーカス復刊に寄せて
最初のあとがき
あとがき
コミック版「幻魔大戦」序文
力んだあとがき
―「狼男だよ」改竄事件 学研対狼男
立風書房社長への手紙
アッピール
ハヤカワ文庫版『狼男だよ』第二のあとがき
第一のあとがき
拙著『狼男だよ』に関する“もう一つの”反省文
過去の栄光
毒気こそ漫画の命
九蓮宝灯はゴメン
『ボーイズライフ』一〇〇〇字コント選評
高度に開発される未来車の姿
荒巻義雄氏への“勇ましい”手紙
『コブテン船長の冒険』解説
星さんへのファンレター
ホシヅルの誕生
信じられない、信じたくない 大伴昌司氏追悼特集より
ストイシズムの作家
殺し屋の思想 “あとがき作家への第一歩を踏み出した”あとがき
このあとがきをわが愛する立読み読者に献げる
さらば「スパイダーマン」 1
さらば「スパイダーマン」 2 暗い轟き
さらば「スパイダーマン」 3 子どもだましはご免だ
ウルフガイ再び
怪談風“ウルフガイ”
タイプと私
桝目の幻想
わが憎しみのコカ・コーラ
殺し屋の思想
“人類ダメ”小説
狼のレクイエム まえがき
ウルフガイ退場の弁
拝啓、フィリップ・マーロウ様
「骨肉の掟」解説
愛読者(アディクト)総代の辞
生頼さん以外の犬神明など考えられない
天使ががり 「狼通信」打切りのお知らせ
幻魔大戦縁起
天使がかり
私が、ただ一人の師と仰ぐ人
デビルマンについて 永井豪の黙示録
狼男 まえがき&自作解説
あの世麻雀
私と『愛妻』との深い関係
タイム・トンネルを通って
「憎しみの罠」について
「幻魔の時代」
高橋佳子さんへの手紙
野性時代 INTRODUCTION & QUESTION から
ウルフの女神様・留美子さんのこと
泉谷あゆみ・この空恐ろしい才能
ウルフガイ英訳講座
秘めたるマルチタレント・鈴宮和由
タイタニック号の遭難 高橋留美子さんへの手紙
神懸かりメモランダム
いしいのぶよし君への手紙
平井和正からの挨拶状
『WOLF CREST』に関するコメント
『虎はねむらない』刊行に際して
映画『ゴジラ』へのコメント
映画『めぞん一刻』へのコメント
ある女性アマチュア作家への手紙
角川春樹社長への直訴状
高橋佳子さんへの手紙
無署名の読者からの手紙 1.
無署名の読者からの手紙 2.
対談・後記
森優氏への3通の手紙
犬神少女からの手紙 1.
真八犬伝が動きだした! 「犬神少女」登場!―リアル“犬神明”その後―
犬神少女からの手紙 2.
ナカネチホさんへの手紙
『アクト』村石氏への手紙
キモトカツミさんへの手紙
大長老からのメッセージ
終わりの始まり、始まりの終わり
言霊使いをめざす人々に
タイタニック号の遭難
ひらやま・ひろゆき氏への手紙
破天荒な年
メッセンジャー・イン・ハルマゲドン
私信I
私信II
私信III
心に深くふれる小説
作家と交際する
最良の読者
『悪霊使い』
著者ひとことコメント
平井和正の軌跡 佐々木君紀著.
作品リスト.
作品年表.
28000円

【は】←
→【ふ】 ↑総目次 △インデックス
[ヒライストライブラリー] [平井和正著作目録]
Last updated Jun. 28, 2017